2011年01月26日

カスピ海ヨーグルトに、きな粉・ゴマ・緑茶葉を加える




家族.jpg

ウチでは、カスピ海ヨーグルトを朝食のときに食べています。

朝は、栄養の吸収が1日の中で、一番良い時間帯です。


しかも、外食する機会が少なく、自分でコントロールしやすいという

利点もあります。

その朝の食事に、カスピ海ヨーグルトを食べるのです。


量は、だいたい200ml。

そのとき、カスピ海ヨーグルトに必ず加えるものがあります。



きな粉・すりゴマ、そしてちょっと変化をつけたいときは、

お茶の葉を丸ごと粉末にした 「食べるお茶」 を入れることも

あります。

 
きなこ.jpgごま.jpg緑茶.jpg

左から、ゴマ・緑茶・きな粉です。


プルーンやバナナなどの果物類や、玄米の粉なども健康にいい

食品ですが、どちらかというと嗜好品として加えるにとどまり、

まずは、大豆・ゴマ・お茶です。


では、なぜ大豆・ゴマ・お茶なのかと言うと・・、



カスピ海ヨーグルトに含まれていない栄養素を見事にカバーして

くれるだけでなく、体によくない影響をもたらす物質を取り除き、

健康のために積極的にとりたい栄養素を含んでいるからです。


なるほど3.jpg




人気ブログランキングへ


posted by 星田幸之助 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | カスピ海ヨーグルトの食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。