2011年03月20日

カスピ海ヨーグルト&大豆イソフラボンで骨粗しょう症予防




大豆2.jpg

 骨粗しょう症を予防して、活性酸素を中和するイソフラボン


イソフラボン、植物ホルモンの一種です。


人間の体の中で、女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きを

することで知られています。


そもそも、女性が長寿なのは、女性ホルモンが血栓(けっせん)が

できないように血管壁を保護して動脈硬化を防ぎ、心臓死が男性の

3、4割と明らかに少ないからです。


女性ホルモンは、そのほかにも血管を拡張させ血圧を下げたり、

肝臓での悪玉コレステロールの処理能力を高め、コレステロール値を

下げます。さらに善玉コレステロール値を増やしたりします。


このような働きがイソフラボンにもあるのです。


010952s.jpg

また、骨のカルシウムを維持して、骨粗しょう症を防ぐ、

ガンを防ぐ・抗酸化作用を持つ・食欲の過剰からくる肥満を防ぎ、

肌にうるおいをもたせる・など、すばらしい力を発揮します。


なるほど3.jpg

また大豆には、カルシウム・マグネシウム・カリウムなどの

ミネラルが十分に含まれ、それらの働きが血圧を下げたり、

骨の材料となって、骨を丈夫にします。


そのほか、サポニンという微量物質には、ガンの発生を抑え、

血中のコレステロールを抑制して、活性酸素を中和する働きが。


大豆のオリゴ糖には、ビフィズス菌を活性化して腸を整える働きが

確認されています。


さらに大豆には、食物繊維も含まれていますが、食物繊維は、

コレステロールの吸収を抑制する物質として知られています。


にじ2.jpg




人気ブログランキングへ


posted by 星田幸之助 at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | カスピ海ヨーグルトの食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。