2011年03月01日

カスピ海ヨーグルトと、きなこ(大豆)




大豆.jpg 大豆はコレステロールを下げ、肥満を防止する。


大豆は本当に偉大な食材です。


植物でありながら、たんぱく質(植物性たんぱく質)を

たくさん含み、日本でも古来から 「畑の肉」 と呼ばれて重宝

されてきました。



この大豆たんぱくが、まず、私たちの体の組織をつくる材料に

なるだけでなく、さまざまな働きをします。


大豆たんぱくは、

 血圧を抑えて血管をしなやかに強くする、その結果として、

 動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中などを予防。

 
 体内で尿素に変わって塩分(ナトリウム)を排出、

 脂肪の蓄積を抑えて、肥満を防止する。


 強い抗酸化作用によって、体に病気や老いをもたらす活性酸素

 を除去。


 などなどの驚くべき効果が報告されています。


まさに、生活習慣病の危険に直面している現代人の救いの神

のような食材です。


010952s.jpg

大豆タンパクを、カスピ海ヨーグルトと一緒に食べる大きな利点は、

植物性タンパク質と、動物性タンパク質のバランスがとれている

ということです。



動物性タンパク質と、植物性タンパク質は、1対1で摂取するのが

いちばんいいのですが、大豆を取り入れると、無理なくその

バランスが実現できます。


大豆に含まれる脂肪も、さまざまな働きをもっています。


まず、植物性脂肪で、

しかも魚由来の脂肪に近い、脂肪酸を含んでいるので、

それ自体、肉などに含まれる動物性脂肪のように、血液をドロドロ

にしてしまうことがありません。


脂肪というと、太り気味の現代人には、どうしても悪者扱いに

されがちですが、適正にとれば貴重なエネルギー源で、

細胞をつくる大事な材料です。



その脂肪を肉ではなく、大豆やヨーグルトでとることで、

体をたいへんいい状態に保つことができるのです。
 

なるほど.jpg




人気ブログランキングへ


 

 


posted by 星田幸之助 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | カスピ海ヨーグルトの食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。